お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

FORUM CHINEMA NETWORK フォーラムシネマネットワーク

メッセージ from フォーラム

『スリー・ビルボード』の俳優たちと、『グレイテスト・ショーマン』の主題歌”This is Me”

2018.1.26

 

スリー・ビルボード グレイテスト・ショーマン

『スリー・ビルボード』

公式サイト

(C)2017 Twentieth Century Fox

 『グレイテスト・ショーマン』公式サイト

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

 

 アカデミー賞の季節です。今週月曜日にノミネートが発表されましたが、日本時間3月5日(月)の本賞発表前に全国公開されるのが、作品賞、脚本賞、主演女優賞、そして2名の助演男優賞と、6部門7ノミネートされた『スリー・ビルボード』です。ベネチア国際映画祭脚本賞、トロント国際映画祭観客賞も受賞していて、ノミネート数は最多ではないものの、私は本命かなと思っています。

 舞台はアメリカ中西部の保守的な田舎町。殺人事件で娘を殺された母親が、犯人がなかなか捕まらないのに業を煮やし、警察署長は何をしているんだ?と3枚の看板を出したことで、町は大混乱に陥ります。母親は看板を出したことでいろんなイジメに遭い、反撃を試みます。母親役のフランシス・マクドーマンドの演技は主演女優賞も納得の痛快なものですし、署長役のウディ・ハレルソンとその部下役のサム・ロックウェルも実に痛快な存在です。2月1日(木)から八戸、盛岡、山形、福島で上映いたします。ぜひ本賞発表前にお楽しみください。納得の1本です。

 

  2月16日(金)からフォーラム全地区で上映の『グレイテスト・ショーマン』は、アカデミー賞は主題歌賞のみのノミネートですが、ゴールデングローブ賞も主題歌賞を受賞していて、ミュージカル映画としては一級品です。楽曲を手掛けたのはあの『ラ・ラ・ランド』のベンジ・パセックとジャスティン・ポール。先日、六本木の大スクリーンで2回目の試写を観ましたが、テンポの良さがだんだんクセになります。ミュージカルは音楽に馴染めば馴染むほど深く楽しめます。ということで、2月のイチオシにさせていただきます。

 また、You Tubeにアップされている登美丘高校ダンス部の「This is Me」のパフォーマンスも圧巻です。ぜひご覧ください。

 登美丘高校ダンス部×『グレイテスト・ショーマン』|This Is Me~これが私~

 

 日本映画はやや地味ですが、企画の面白さで『不能犯』と『羊の木』をおすすめしておきます。メジャーな作品ではありませんが、ユニークな作品です。

 

2018.1.26

フォーラムシネマネットワーク 代表 長澤裕二