お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

FORUM CHINEMA NETWORK フォーラムシネマネットワーク

メッセージ from フォーラム

映画の夏本番です!

2012.7.1

梅雨入りしたとは言え、山形の梅雨は例年6月が空梅雨、7月中旬にちょっと降るくらいです。6月末は、真夏のような晴天が続いています。来週からいよいよ7月、真夏の到来です。

 夏の外国映画の大本命、『アメイジング・スパイダーマン』の先行上映が行われました。私はその1週間前に試写を観ましたが、“アメイジング”にふさわしいスピード感が楽しめました。夏後半の大本命『アベンジャーズ』と『プロメテウス』の内覧試写が、相次いで川崎のIMAX シアターを舞台に行われました。『アベンジャーズ』はアメコミのキャラクターが全員集合して地球を守るストーリーで、『プロメテウス』はリドリー・スコットが、『エイリアン』の前章を作ったような映画です。この3本に『ダークナイト ライジング』と『トータル・リコール』を加えると、夏の5大作品です。アメコミを知らなくとも『アベンジャーズ』はストーリーで楽しめます。『プロメテウス』は、『エイリアン』1作目のような怖さがあります。一応、危機を脱したところで終わりますが、必ず続篇を作るぞ! というメッセージがムンムンの終わり方でした。

 日本映画の大本命『BRAVE HEARTS 海猿』を観ました。面白い ! さすが ! 東京湾にジャンボ機が不時着するという着想だけでこんなにグイグイ引き込むとは。やはり作り手の才能ですね。日本映画、外国映画を通してのこの夏のトップは『海猿』かもしれません。

 『ヘルタースケルター』は試写会場がいつも溢れているということで、1時間前から並んでようやく観ることができました。映画づくりはイベントだなと、感心しました。『さくらん』でデビューした蜷川実花監督の第2作目。沢尻エリカが脱いだということで、ここまでフィーバーさせる。試写会場では、めったに会わない業界人のオジさんたちと久しぶりにたくさん会いました。それにしても、業界人をこれだけ踊らせたマスコミ試写は初めてです。公開初日がとても楽しみです。ご期待ください。

 細田守監督の3作目『おおかみこどもの雨と雪』を観ました !。1作目『時をかける少女』は1館でスタートしたのち延べ100館に広がって興行収入2億6000万円。2作目『サマーウォーズ』は129館で上映して4ヶ月で16億5000万円。県内はフォーラム山形のみの上映でした。そして今回、331館と最大級公開。おそらく興行収入は40億円から60億円の間か。フォーラム山形の入場者数で『サマーウォーズ』を超えられるか、挑戦です。前回の『サマーウォーズ』でも思いましたが、細田守ってすごい作家です。前作をまだ観ていない方、ぜひ追っかけて観てください。同時代に生きている人が大作家に育っていくのを見るのも映画ファン冥利というものです。

 『貞子3D』が5月に大ヒットして、こんなきれいな貞子がいるんだ!と話題の橋本愛。今年2作目の主演映画『Another アナザー』、怖いですよ。8月11日公開の『桐島、部活やめるってよ』にも出演しています。

 7月の単館系作品は少なめですが、『裏切りのサーカス』『ミッシングID』そしてイラン映画『別離』がおすすめです。 先月も書きましたが、『崖っぷちの男』もおすすめです。予備知識なしで公開1週目に観て、クチコミで広めてください。

2012年6月26日
(フォーラムネットワーク 代表 長澤裕二)