お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

FORUM CHINEMA NETWORK フォーラムシネマネットワーク

メッセージ from フォーラム

アカデミー賞受賞作が大挙登場します

2015.3.1

 アカデミー賞は、作品賞と主演・助演の男女優賞が5作品に分散するという結果になりましたが、作品・監督・脚本・撮影の主要4部門に輝いた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は立派!映画ファンほど楽しめる力作です。4月10日からフォーラムネットワーク全サイトで上映します。2度、3度と観て、カメラワークのすごさをご確認ください。この4部門受賞は納得です。

 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』は脚色賞の1部門受賞ですが、第2次大戦時、解読不可能と言われたドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読しながら、その事実を英国政府が50年以上も公表しなかった不思議なお話です。4月25日からフォーラムネットワーク4地区で、その他の地区は5月に公開します。事実は小説より奇なりと言いますが、まさに衝撃の事実です。

 主演男優賞に輝いた『博士と彼女のセオリー』は現在、仙台で上映中ですが、他の6地区は4月下旬から6月にかけて順次上映します。車椅子の天才物理学者ホーキング博士の愛の物語です。不思議な感動があります。

 助演男優賞他3賞受賞の『セッション』。大都市は4月公開ですが、東北地区は5月末以降、順次公開になります。受賞が決まる前に試写を観ましたが、まさに狂気の映画体験でした。フォーラムファンの皆様にはおすすめです。楽しみにお待ちください。

 春は毎年、アカデミー賞がらみの作品が次々に公開され、うれしい悲鳴なのですが、今年はさらに単館系の秀作が大挙公開されます。

 『リトル・フォレスト 冬/春』『マジック・イン・ムーンライト』『はじまりのうた』『繕い裁つ人』『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』『パンク・シンドローム』『愛して飲んで歌って』と、あまりにおすすめが多すぎて、どれを選んだらいいか、こちらもうれしい悲鳴です。

 5月9日から公開される『脳内ポイズンベリー』を観ました。アラサー女子の頭の中があんなことになっているなんて!とても興味深く楽しく観ました。こんなに楽しませてくれるなんて、まさに娯楽映画の鑑です。すべての女性と女性に興味のあるすべての男性におすすめします。絶品です。

 4月11日公開『ソロモンの偽証 後篇・裁判』は『前篇・事件』以上の衝撃です。『前篇』をまだ観ていない方は、2本続けてみることをおすすめします。

 近く試写を観ることになっていて、とても楽しみにしている作品があります。『シンデレラ』『ビリギャル』『フォーカス』の3本です。また、原恵一監督の最新作『百日紅 Miss HOKUSAI』はまだ未完成ですが、今週内覧が行われます。5月9日全国公開なので完成はギリギリですね。フォーラムは山形、仙台、福島、3地区が同発で公開です。

 社長業も現役なので、試写を確実に観るのもなかなか大変です。そういいながら都合をつけて毎週のように東京に出かけています。いい映画を探して上映し続けるのが本業ですから。

2015年3月23日
(フォーラムネットワーク 代表 長澤裕二)