お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2019.5.22

7/5(金)公開『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』東京で大ヒットスタート!

ニューヨーク公共図書館-01

 

満席も出た初日のみならず平日の月曜日も大入り、また午前の回から夜の回まで盛況となり客層はいつもの岩波ホールのお客様に比べ、かなり若い層のお客様が!
図書館関心層、映画ファンだけでなく、NYPLが登場するコミック「BANANA FISH」のファンの女子まで、とても幅広い。3日間の客層は、岩波ホールのメイン層であるシニアを中心とした新聞購読層に加え、特に土日と夜の回には、20〜30代の女性客、大学生まで幅広く、これには同図書館が映画「セックス・アンド・ザ・シティ」や日本の人気コミック「BANANA FISH」の舞台であり、若年層への認知も高まったことが考えられます!福島は7/5~11公開!お楽しみに!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読売

「多彩な人模様が、美しいモザイクになっていくのも見事。少しも長く感じない3時間25分」

 

朝日

「3時間25分におよぶ長さは瞬く間に過ぎ去り、余韻として残るのは、このドラマなきドラマの爽快感だ。」

 

日経

「長尺ながら飽きさせない映像の冴えは監督の真骨頂。
そんな映像の流れから浮き彫りにされるのは、図書館はまさに社会の現在と未来の象徴ということだ。」

 

産経

「長尺だが、単なる書籍の収蔵庫では終わらない図書館の大きな可能性を考えさせられる内容。」


東京

「3時間25分の長尺だが、贅沢な気分にしてくれる。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【7/5(金)~7/11(木) ①11:20-  /  ②19:20- 】

・前売券発売中  全国共通特別鑑賞券 一般1,600円

・当日券:一般2,000円/学生・シニア1,500円
※特別料金体系作品、招待券は使えません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

巨匠フレデリック・ワイズマンが、世界で最も有名な図書館「ニューヨーク公共図書館」の舞台裏に迫ったドキュメンタリー。世界最大級の図書館を支える膨大な労働や会議を丹念に追う過程で、“公共とは、民主主義とは何か”が浮かび上がってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画公式サイトはこちらから

http://moviola.jp/nypl/

 

最近のお知らせ

イベント

2019.6.14

8/2(金)『明日へ ―戦争は罪悪であるー』藤嘉行監督によるトーク開催決定

キャンペーン

2019.5.31

『アラジン』公開記念プレゼントキャンペーン!

トピック

2019.5.29

『アベンジャーズ/エンドゲーム』応援メッセージ紹介!

トピック

2019.5.23

『Fukushima 50』クランクアップ記者会見リポート

お知らせ

2019.5.22

7/13(土)『映画 愁いの王 -宮沢賢治-』特別上映決定!

過去のお知らせ