お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

イベント

2018.12.6

12/22(土)『十年 Ten Years Japan』舞台挨拶決定!

 

十年

 

是枝裕和監督が総合監修を務めた話題のオムニバス映画『十年 Ten Years Japanの舞台挨拶が決定しました!

 

★ 石川慶監督の追加登壇が決定しました!

 

■ 日時:12月22日(土) 10:00~(舞台挨拶は上映終了後)

■ 会場:フォーラム福島

■ 登壇者:津野愛監督、藤村明世監督、石川慶監督

■ 鑑賞料金:通常料金 

 ※会員鑑賞券や前もってお求めの全国共通鑑賞券はお使いいただけますが、各種招待券はご利用いただけません

 ※全国共通鑑賞券は劇場窓口でのみお引換え可能です

 

*舞台挨拶終了後にはサイン会も開催予定です!

  ※サイン会ご参加希望の方は事前にパンフレットをお求めください

 

◎ チケット

12/7(金)9:00より劇場窓口&オンラインチケットにて販売開始

・オンラインチケットはこちらから

 

 

★ 津野愛 (つの めぐみ) 監督プロフィール

十年_津野愛監督

1987年7月14日生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。
2014年から分福にて活動中。
TV:TBS「きょうの、あきない」(2015~2016)、MV:高橋優「さくらのうた」(2016)、メイキング:是枝裕和監督「三度目の殺人」(2017) など。
『十年 Ten Years Japan』では「DATA」の監督を担当。

 

 

★ 藤村明世 (ふじむら あきよ) 監督プロフィール

十年_藤村明世監督

1990年8月24日生まれ。明治学院大学文学部芸術学科にて映画学を専攻。
大学在学中に撮った『彼は月へ行った』が、第36回ぴあフィルムフェスティバルや仙台短篇映画祭2014、第6回下北沢映画祭などに入選。
大学卒業後、東宝系の商業映画の制作部や助監督を経て、再び映画監督の道を志す。
4本目の監督作である『見栄を張る』は、CO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の助成作品であり、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016長編コンペティション部門にてSKIPシティアワードを受賞し、全国公開されるなど、国内の上映にとどまらず、イタリア、ドイツ、オランダなどの海外の映画祭でも上映されるなど高い評価を得ている。
『十年 Ten Years Japan』では「その空気は見えない」の監督を担当。

 

 

★石川慶 (いしかわ けい) 監督プロフィール

十年_石川慶監督

1977年6月20日生まれ。
東北大学物理学科卒業後、アンジェイ・ワイダ、ロマン・ポランスキーらを輩出してきたポーランド国立映画大学で演出を学ぶ。
これまで短編作品を中心に活動しており、テレビドキュメンタリー、CM、舞台演出なども手がける。
妻夫木聡、満島ひかり主演『愚行録』(2017) は、2016年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門に選出、長編監督デビューを果たした。
新藤兼人賞銀賞のほか、ヨコハマ映画祭、日本プロフェッショナル大賞では新人監督賞を受賞。
その後、山田孝之主演の短編『点』(2017) や、再び妻夫木聡と組んだ連続ドラマW「イノセント・デイズ」(2018) などを経て、現在長編二作目を準備中。
『十年 Ten Years Japan』では「美しい国」の監督を担当。

 

 

 

最近のお知らせ

トピック

2018.12.14

すべての年代の人の心に届く、これぞ一流のエンターテインメント。 『シュガー・ラッシュ:オンライン』

キャンペーン

2018.12.14

『シュガー・ラッシュ:オンライン』プレゼントキャンペーン!

お知らせ

2018.12.8

映画館で一緒に働きませんか? 学生アルバイト募集中!

イベント

2018.12.6

12/22(土)『十年 Ten Years Japan』舞台挨拶決定!

お知らせ

2018.11.30

『メッセージ from フォーラム』最新号を更新しました。

過去のお知らせ