お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2018.2.21

世界中の人々の死生観を揺さぶる傑作『リメンバー・ミー』

FORUM SELECTION

 

リメンバー・ミーー03 

 

 昨年1 2月に試写を観ましたが、映画史に残る傑作が誕生したと感じました。人の死という一見難しいテーマを扱いながら、ここまで昇華させることができるシナリオに脱帽です。世界中の人々の死生観を揺さぶる作品と言えます。キャラクターが魅力的でストーリー展開も飽きさせず、ファミリーから映画ファンまで誰にでもお勧めできる作品です。

 

リメンバー・ミー-02 

 

 まず目を引くのはカラフルに光きらめく〈死者の国〉のビジュアル。アトラクションのような楽しさがあり、〈死者の国〉への冒険は子供から大人まで夢中にさせるエンターテインメントとなっています。音楽はメキシコの要素をふんだんに取り入れた陽気なナンバーが続き、特にタイトルにもなった主題歌『リメンバー・ミー』は一度聴くと数日は口ずさんでしまう魅力を持っています。

 

リメンバー・ミー-01 

 

 物語の根底にある世界観は、「一年に一度みんなが集まり、祖先のことを思い出す」という日本のお盆にも通じるものですが、さらに一歩進んで、「〈死者の国〉の住人は、生きている国で忘れられると〈死者の国〉からも消えてしまう」という設定があります。これがス トーリー展開の中で重要な役割を果たしますが、「人間は二度死ぬ」という名言がある通り、私たちにも深く共感できるものです。

 

リメンバー・ミーー04 

 

 ディズニーのジョン・ラセターは「興味深いのは、この映画の主な舞台は死者の国ではありますが、映画のテーマ自体は死ではなく、人生や家族、先祖を思い出す大切さ、そして彼らの思い出を賛美することにあります。」と語っています。底抜けに明るいエンターテインメント作品でありながら、私たち一人ひとりの大切な思い出にもそっと光を当ててくれる温かさに満ちた映画となっており、あなたの大切な1本になることと思います。ぜひご覧ください。

 

 

(フォーラムシネマネットワーク番組編成 長澤純)

 

 

 

(c)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 

 

最近のお知らせ

お知らせ

2021.5.11

【重要】チケット先売り販売休止のお知らせ ※5/14(金)上映分より

お知らせ

2021.5.11

【更新】エアコン直りました!

お知らせ

2021.5.11

【5/11更新】公開延期作品のお知らせ

イベント

2021.5.2

5/14(金)~6/3(木)没後50年特別企画『市川雷蔵祭』開催

お知らせ

2021.4.21

『るろうに剣心 最終章 The Final』パンフレット・グッズの購入制限につきまして

過去のお知らせ