お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

祈り 三部作Vedreba

  • 9/14(金)公開

旧ソ連のジョージア (グルジア) が生んだ世界的巨匠テンギズ・アブラゼの代表作『祈り』三部作を一挙上映。


『祈り』(1967/ジョージア/1h28)
監督・脚本:テンギズ・アブラゼ
原作:ヴァジャ・プシャヴェラ
出演:スパルタク・バガシュヴィリ/ルスダン・キクナゼ/ラマーズ・チヒクワーゼ

19世紀ジョージアにおける宗教・民族対立を題材に、人間の尊厳と悪を鋭く見つめた荘厳な映像叙事詩。


『希望の樹』(1976/ジョージア/1h47)
監督・脚本:テンギズ・アブラゼ
原作:ギオルギ・レオニゼ
出演:リカ・カヴジャラーゼ/ソソ・ジャチヴリアニ/カヒ・カヴサーゼ

ロシア革命前のジョージアの農村。美しい青年と娘が愛し合うが、根強い因習はそれを許そうとせず…。


『懺悔』(1984/ジョージア/2h23)
監督・脚本:テンギズ・アブラゼ
出演:アフタンディル・マハラゼ/ゼイナブ・ボツヴァゼ/エディシェル・ギオルゴビアニ
第40回カンヌ国際映画祭 審査員特別賞・国際批評家連盟賞・キリスト教審査員賞受賞
  
スターリン時代を思わせる独裁的な恐怖政治の犠牲になった家族の悲劇。アブラゼの遺作にして、ペレストロイカを象徴する三部作最終作。

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2018年9月14日
【上映時間】
【監督・脚本】
テンギズ・アブラゼ
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2018年9月14日
【上映時間】
【監督・脚本】
テンギズ・アブラゼ