お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

僕たちは希望という名の列車に乗ったDas schweigende Klassenzimmer

  • PG12
  • 6/14(金)公開

東西冷戦下ながら、ベルリンの壁が建設される以前の1956年。ソ連に蜂起したハンガリーの民衆に共感し、東ドイツの高校生が犠牲者への黙祷を捧げる。だがそれは “社会主義国家への反逆” とみなされる行為だった。意図せず政治的タブーを犯し、国家を敵に回してしまった若者たちの運命は…。『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』の気鋭監督ラース・クラウメが衝撃の実話を映画化。

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2019年6月14日
【レイティング】
PG-12
【上映時間】
111分
【監督・脚本】
ラース・クラウメ
【出演】
レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/レナ・クレンク/ヨナス・ダスラー/イザイア・ミカルスキ/ロナルト・ツェアフェルト
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2019年6月14日
【レイティング】
PG-12
【上映時間】
111分
【監督・脚本】
ラース・クラウメ
【出演】
レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/レナ・クレンク/ヨナス・ダスラー/イザイア・ミカルスキ/ロナルト・ツェアフェルト