お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

存在のない子供たちCapharnaum

  • PG12
  • 9/13(金)公開

中東レバノンのスラム街。出生届が出されなかったため法的には存在すらせず、あまりにも過酷な生活を強いられていた少年が両親を告訴する― “こんな世の中に僕を産んだ罪で”。権利を奪われ、不当に扱われる子供たちの姿に光を当てた衝撃のドラマ。綿密な取材に基づき、役柄と同様の境遇を生きる人々を出演者に起用している。
■第71回カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2019年9月13日
【レイティング】
PG-12
【上映時間】
125分
【監督・脚本】
ナディーン・ラバキー
【出演】
ゼイン・アル=ラフィーア/ヨルダノス・シフェラウ/ボルワティフ・トレジャー・バンコレ/カウサル・アル・ハッダード
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2019年9月13日
【レイティング】
PG-12
【上映時間】
125分
【監督・脚本】
ナディーン・ラバキー
【出演】
ゼイン・アル=ラフィーア/ヨルダノス・シフェラウ/ボルワティフ・トレジャー・バンコレ/カウサル・アル・ハッダード