お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェストC'era una volta il West

  • 8/28(金)公開

◆ エンニオ・モリコーネ追悼特集 ④

開拓が進む西部に嫁いできた女性が、相続した土地の権利をめぐる男たちの争いに巻き込まれていき…。王道西部劇でアメリカの正義を体現しつづけてきたヘンリー・フォンダを「悪役」に据え、スターとして絶頂期を迎えようとするチャールズ・ブロンソンがそれに対峙する謎のガンマンを演じる。クリント・イーストウッドの師セルジオ・レオーネ監督によるマカロニ・ウェスタン史上最高傑作。『荒野の用心棒』以降すべてのレオーネ作品の劇伴を手掛けるモリコーネはレオーネと小学校の同級生で、プライベートでも仲が良かったという。
クエンティン・タランティーノをはじめとする後世の映画人に多大な影響を与えた作品ながら、日本ではもっぱら短縮版 (邦題『ウエスタン』) のみが知られてきたが、このたび50年以上の時を経てオリジナル全長版が公開! モリコーネの必殺メロディが劇場に響き渡る!!

鑑賞料金:一般1,500円 / シニア1,100円 / プレミアム会員・学生1,000円

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2020年8月28日
【上映時間】
165分
【監督・脚本】
セルジオ・レオーネ
【音楽】
エンニオ・モリコーネ
【出演】
クラウディア・カルディナーレ/ヘンリー・フォンダ
【上映期間】
8/28(金)~9/3(木)予定
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2020年8月28日
【上映時間】
165分
【監督・脚本】
セルジオ・レオーネ
【音楽】
エンニオ・モリコーネ
【出演】
クラウディア・カルディナーレ/ヘンリー・フォンダ
【上映期間】
8/28(金)~9/3(木)予定