お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

ハイゼ家 百年Heimat ist ein Raum aus Zeit

  • 5/21(金)公開

東独出身のトーマス・ハイゼが自家に遺された累代の日記、手紙、写真、音声記録から激動のドイツ百年史をたどる。2度の大戦、ファシズムの跋扈、東西分断、秘密警察の支配、ベルリンの壁の崩壊、資本主義への疑念、ネオナチの台頭…。ドイツ民族最大の哲学的命題「ハイマート (故郷) 」とは何かを希求した大作。
■第69回ベルリン国際映画祭 フォーラム部門カリガリ賞 (最高賞) 受賞

鑑賞料金:一般 2,300円 / シニア・プレミアム会員・障がい者割引 1,800円 / 学生以下 1,500円

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2021年5月21日
【上映時間】
218分
【監督・脚本】
トーマス・ハイゼ
【上映期間】
5/21(金)~6/3(木)予定
公式サイトへ
公式サイトへ

【公開日】
2021年5月21日
【上映時間】
218分
【監督・脚本】
トーマス・ハイゼ
【上映期間】
5/21(金)~6/3(木)予定