お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

現代アートハウス入門 ネオクラシックをめぐる七夜 Vol.2A Guide to Contemporary Art House Vol.2

  • 12/11(土)公開

声望高いにもかかわらず、滅多に見る機会のないアート系の「ネオクラシック (新しい古典) 」映画を7夜7作品にわたって上映する企画の第2弾。上映後には気鋭の映画作家・映画人が各作品の魅力を解説。さらに全国の観客とオンラインでQ&Aを交わし、これからの〈アートハウス〉についての知見を共有します。

参加料金:各プログラム 30歳以下1,200円 / 31歳以上1,800円


【第1夜】12/11(土)19:00~
『クローズ・アップ』
 Nema-ye Nazdik
 (1990/イラン/1h39)

クローズ・アップ
(C) 1990 Farabi Cinema

監督・脚本・編集:アッバス・キアロスタミ
撮影:アリ・レザ・ザリンダスト
録音:モハマッド・ハギギ/アフマッド・アスガリ
出演:ホセイン・サブジアン/ハッサン・ファラズマンド/モフセン・マフマルバフ
*レクチャー:深田晃司 (映画監督)

 

【第2夜】12/12(日)19:00~
『マッチ工場の少女』
 Tulitikkutehtaan tyttö
 (1990/フィンランド/1h09)

マッチ工場の少女
(C) THE MATCH FACTORY

監督・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:カティ・オウティネン/エリナ・サロ/エスコ・ニッカリ/ベサ・ビエリッコ/レイヨ・タイバレ
*トーク:岨手由貴子 (映画監督) × 大江崇允 (映画作家/脚本家)

 

【第3夜】12/13(月)19:00~
『鳥の歌』
 Para recibir el canto de los pájaros
 (1995年/ボリビア/1h42)

鳥の歌
(C) GRUPO UKAMAU

監督・脚本:ホルヘ・サンヒネス
撮影:ラウル・ロドリゲス/キジェルモ・ルイス
音楽:セルヒオ・プルデンシオ
製作:ウカマウ集団
出演:ジェラルディン・チャップリン/ホルヘ・オルティス
*トーク:小田香 (映画作家) × 太田昌国 (シネマテーク・インディアス)

 

【第4夜】12/14(火)19:00~
『セールスマン』
 Salesman
 (1969/アメリカ/1h31)

セールスマン

監督:アルバート・メイズルス/デヴィッド・メイズルス/シャーロット・ズワーリン
撮影:アルバート・メイズルス
編集:デヴィッド・メイズルス/シャーロット・ズワーリン
音響:ディック・ヴォリセク
*レクチャー:想田和弘 (映画作家)

 

【第5夜】12/15(水)19:00~
『ビリディアナ』
 Viridiana
 (1961/メキシコ-スペイン1h32)

ビリディアナ
(C) 1991 Video Mercury Films

監督:ルイス・ブニュエル
脚本:ルイス・ブニュエル/フリオ・アレハンドロ
撮影:ホセ・フェルナンデス・アグアヨ
編集:ペドロ・デル・レイ
出演:シルビア・ピナル/フェルナンド・レイ/フランシスコ・ラバル
*トーク:広瀬奈々子 (映画監督) × 稲川方人 (詩人/編集者)

 

【第6夜】12/16(木)19:00~
『ある夏の記録』
 Chronique d'un été
 (1961/フランス/1h31)

ある夏の記録
(C)DR

監督:ジャン・ルーシュ/エドガール・モラン
撮影:ミシェル・ブロー/ラウール・クタール
出演:マルスリーヌ・ロリダン/ジャン=ピエール・セルジョン/ナディーヌ・バロー
*トーク:小森はるか (映像作家) × 月永理絵 (エディター/ライター)

 

【第7夜】12/17(金)19:00~
『イタリア旅行』
 Viaggio in Italia
 (1954/イタリア-フランス/1h25)

イタリア旅行
(C) Films Sans Frontieres

監督・脚本:ロベルト・ロッセリーニ
脚本:ヴィタリアーノ・ブランカーティ
撮影:エンツォ・セラフィン
音楽:レンツォ・ロッセリーニ
出演:イングリッド・バーグマン/ジョージ・サンダース
*トーク:三宅唱 (映画監督) × 大川景子 (映画編集)

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2021年12月11日
【上映時間】
【上映期間】
12/11(土)~12/17(金)
公式サイトへ

チケットの購入

ご希望の日付と時間を選択し、購入画面へお進みください。

公式サイトへ

【公開日】
2021年12月11日
【上映時間】
【上映期間】
12/11(土)~12/17(金)