お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

シャンタル・アケルマン映画祭

  • 7/1(金)公開

後進に多大な影響を与えた映画史上でも重要な存在ながら、これまで限られた作品しか日本公開されてこなかったベルギー出身の女性監督、シャンタル・アケルマン。映画に革命をもたらした代表作『ジャンヌ・ディエルマン』を含む傑作5作品が、あなたを未知なる映画の深みに誘います。

▶ 上映スケジュールはこちら

 

『私、あなた、彼、彼女』
 Je Tu Il Elle
 (1974/ベルギー-フランス/1h26)
監督・脚本:シャンタル・アケルマン
撮影:ベネディクト・デルサル
出演:シャンタル・アケルマン/クレール・ワティオン/ニエル・アレストリュプ

『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』
 Jeanne Dielman, 23, quai du Commerce, 1080 Bruxelles
 (1975/ベルギー-フランス/3h20)
監督・脚本:シャンタル・アケルマン
撮影:バベット・マンゴルト
出演:デルフィーヌ・セイリグ/ジャン・ドゥコルト/ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ

『アンナの出会い』
 Les Rendez-vous d’Anna
 (1978/ベルギー-フランス-ドイツ/2h07)
監督・脚本:シャンタル・アケルマン
撮影:ジャン・パンゼ
出演:オーロール・クレマン/ヘルムート・グリーム/マガリ・ノエル

『囚われの女』
 La Captive
 (2000/フランス/1h57)
監督・脚本:シャンタル・アケルマン
撮影:サビーヌ・ランスラン
出演:スタニスラス・メラール/シルヴィ・テスチュー/オリヴィエ・ボナミ

『オルメイヤーの阿房宮 (あぼうきゅう)
 La Folie Almayer
 (2011/ベルギー-フランス/2h07)
監督・脚本:シャンタル・アケルマン
撮影:レイモンド・フロモン
出演:スタニスラス・メラール/マルク・バルベ/オーロラ・マリオン

 

予告編

※予告編をご覧いただけます。

【公開日】
2022年7月1日
【上映時間】
【監督・脚本】
シャンタル・アケルマン
【上映期間】
7/1(金)~7/14(木)予定
公式サイトへ

チケットの購入

ご希望の日付と時間を選択し、購入画面へお進みください。

公式サイトへ

【公開日】
2022年7月1日
【上映時間】
【監督・脚本】
シャンタル・アケルマン
【上映期間】
7/1(金)~7/14(木)予定