お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2019.6.17

『神と共に』
感動のディベート
VFXアクションエンターテインメント?!
全く新しい面白さ

FORUM SELECTION

 

神と共に2 

  

 

 予想外の大ヒットを記録した昨年の2作品に準えて、『愛がなんだ』は『カメラを止めるな!』のようにヒットしていると評され、『神と共に』は『バーフバリ』的ヒットの手ごたえと、興行界はざわついている。

 

 韓国で歴代2位となる1500万人近くを動員し、アメリカやカナダでも大ヒットしたという『神と共に』。正直、予告編を見てもピンと来なかった。アクション? コメディ? VFX大作? 聞こえてくる「大号泣した」「今年一番泣いた」という感想に、まさかの感動作? と想定外のカテゴリーまで登場。戸惑いつつ、本編を観た。んん? なんだ、この、今までにないタイプのエンターテインメント映画は! 『主戦場』と続けて観たのだが、構図が同じだった。ディベート。立場の違う者たちがそれぞれの意見を闘わせ、議論する。「議論」「多方面からの検証」が『神と共に』を貫いていたのだ。

 

 

神と共に-02 

 

 

 大ヒット作『猟奇的な彼女』で「彼女」が愛する「彼」に扮した、善人にしか見えないチャ・テヒョン。彼が演じるジャホンが『第一章』のメインキャラ。消防士のジャホンが火災現場で殉職してしまうところから物語は始まる。死者は7つの地獄を巡り、パスすると「生き返る」ことができるという。子供を救い、命を落とした彼は「貴人」として簡単にパスできると思われたが、ジャホンにも罪と疑われる案件があったのだ。冥界の使者が弁護人となって、その一つ一つを多面的に検証していくという構成。そう、この映画は「法廷劇」でもあるのだ。「韓国の地獄は嫌だなあ」という声も多いが、容赦なく舌を抜かれるよりは、弁明を聞いてくれる韓国の地獄の方が断然いいと思うけど。でも、このくらいの罪であんなに糾弾されるのなら、クリアできる人が全然出ないのも納得。

 

 

神と共に2 

 

 

 待望の第二章では「歴史時代劇」的要素まで入ってきて、冥界の使者の過去も明かされていく。またご近所さんエピソードで大号泣必至。しかし、こんなテーマをエンターテインメントにしてしまい、大ヒットまでさせる韓国映画界、恐るべし。

 

 

(フォーラム仙台/チネ・ラヴィータ 支配人 橋村 小由美)

 

(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

 

 

 

最近のお知らせ

お知らせ

2019.10.22

10/25(金)『サウナのあるところ』ご入場者プレゼント

お知らせ

2019.10.22

10/25(金)『T-34』初日ご入場者プレゼント

イベント

2019.10.22

【上映時間訂正あり】11/1(金)『ディリリとパリの時間旅行』ミニ フランス語講座&解説付き上映@フォーラム仙台

イベント

2019.10.20

10/27(日)『サウナのあるところ』サウナ愛トーク付き上映@フォーラム仙台

イベント

2019.10.20

11/1(金)『米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』舞台挨拶付き上映@フォーラム仙台

過去のお知らせ