お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

トピック

2019.8.23

『ロケットマン』体感エンターテインメント再び!純度の高いミュージカル・ファンタジー

FORUM SELECTION

 

ロケットマン-03 

 

 

 グラミー賞を5度受賞、世界一売れたシングルの記録保持者であり、稀代のエンターテイナーであるエルトン・ジョンが贈るミュージック・エンターテインメント大作が、いよいよ日本上陸となります。監督のデクスター・フレッチャーは『ボヘミアン・ラプソディ』の監督を途中から引継いで素晴らしい作品に仕上げたことで一躍有名になりましたが、本作はテーマが似ているものの、ミュージカル・ファンタジーという一味違う作風になっています。

 

 

ロケットマン-01 

 

 

 物語はエルトン・ジョンの少年時代から始まります。11歳から王立音楽院で学ぶピアノの神童だったにも関わらず、一番ほしかった〝親の愛〞には恵まれず、寂しさを紛らわすようにロックに傾倒していきます。生涯の友バーニーとの出会いから一気にスターダムを駆けあがり、圧倒的なパフォーマンスで世界中から愛される存在となりますが〝ロケットマン〞のごとく、たった一人で燃え尽きていきます。

 

 

ロケットマン-05 

 

 

 冒頭からミュージカルシーンが豊富で、現実離れした人生を描くために、現実とファンタジーが入り乱れるというユニークな手法が取られています。音楽は22曲の珠玉のナンバーが、ライブシーン、ミュージカルシーン、曲作りのシーンとストーリーに沿って効果的に現れます。ホーンセクションやパーカッションが立体的に聴こえる素晴らしいサントラで、映画館のデジタルサラウンド音響の迫力を余すことなく味わうことができます。主演のタロン・エガートンが全編みずから歌い上げ、エルトン本人を納得させるパフォーマンスと歌唱力で魅了しています。

 

 

 ロケットマン-02

 

 

 物語が進むにつれ「真に大切なものは何か」というテーマの純度が高くなり、魂の叫びが世界中の心を揺さぶる音楽へと形を変えていきます。必ず映画館で〝体感〞していただきたい映画です。ぜひご覧ください。

 

 

 (フォーラムシネマネットワーク番組編成 長澤 純)

 

 

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 

 

 

 

 

最近のお知らせ

お知らせ

2020.5.29

『デッド・ドント・ダイ』が待ちきれないっ!!!

お知らせ

2020.5.29

5/29(金)~6/18(木)鬼才ポン・ジュノの世界!@フォーラム仙台

お知らせ

2020.5.29

公開延期作品のお知らせ(随時更新)

お知らせ

2020.5.28

新型コロナウイルスの影響による各種変更等について

お知らせ

2020.5.26

5/29(金)~『恐竜が教えてくれたこと』上映館変更

過去のお知らせ