お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

お知らせ

2022.5.18

5/13(金)~5/26(木)「ルイス・ブニュエル特集」上映スケジュール@フォーラム仙台

ルイス・ブニュエル

 

シュルレアリスムから出発し、独自の映画表現を開拓し続けた唯一無二の巨匠ルイス・ブニュエル。

その奇奇怪怪なフィルモグラフィから後期6作品をセレクトした《ルイス・ブニュエル監督特集上映 デジタルリマスター版 男と女》をフォーラム仙台にて開催します。

夢のように美しく、夢のように不条理。

優美で危険なブニュエル・ワールドに迷い込みましょう。

 

 

◆ 上映スケジュール

■ 5/13(金)~5/20(木)

LuisBunuelHommesEtFemmes@ForumSendai_Week1

 

■ 5/20(金)~5/26(木)

LuisBunuelHommesEtFemmes@ForumSendai_Week2 

 

 

◆ プロフィール

ルイス・ブニュエル|Luis Buñuel

1900年2月22日、スペインのテルエル県カランダに生まれる。

マドリード大学時代の学寮生活で画家サルヴァドール・ダリや詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカら若き芸術家と出会う

25年、パリに移住。映画監督を志し、パリの演劇学校に入学。

29年、ダリとの脚本共作で16分の短編映画『アンダルシアの犬』を監督。

続いて初の長編映画『黄金時代』(30) を発表。

カトリック主義者や極右の激しい攻撃にさらされ、前作以上の醜聞を惹き起こした結果上映禁止に。

貧困地域ラス・ウルデスの住民の状況を描いた次作『糧なき土地』(33) も、スペイン政府により上映禁止処分を受ける。

スペイン内戦勃発後はフランス、アメリカ合衆国での親共和国派的プロパガンダ映画製作に協力した後、46年に映画製作者オスカル・ダンシヘールの誘いでメキシコに渡る。

ダンシヘール製作の『忘れられた人々』(50) で、一躍世界的に有名なスペイン語圏監督となった。

残りの生涯はメキシコで暮らし、この地で20本の映画を監督する。

メキシコ映画産業の黄金時代が終わった後は、主にフランスで映画作りに従事。

83年7月29日、メキシコ市の病院にて死去。

最後の作品は『欲望のあいまいな対象』(77) 。

 

 

◆ 予告編

 

 

  

最近のお知らせ

お知らせ

2022.5.20

5/20(金)~6/9(木)上映スケジュール

イベント

2022.5.19

5/21(土)『マイスモールランド』川和田恵真監督オンライン舞台挨拶付き上映@フォーラム仙台

イベント

2022.5.19

5/20(金)21(土)『杜人』舞台挨拶付き上映@フォーラム仙台

お知らせ

2022.5.18

5/13(金)~5/26(木)「ルイス・ブニュエル特集」上映スケジュール@フォーラム仙台

お知らせ

2022.5.17

5/20(金)~『おいしい給食』『ビクター/ビクトリア』『クラム』ご入場者プレゼント

過去のお知らせ