お使いのブラウザは本サイトではサポートされておりません。

お知らせ

イベント

2021.3.21

『二重のまち/交代地のうたを編む』瀬尾夏美監督舞台挨拶

二重のまち

(C)KOMORI Haruka + SEO Natsumi

 

本作は、東日本大震災後のボランティアをきっかけに活動をはじめ、人々の記憶や記録を遠く未来へ受け渡す表現を続けてきたアーティスト「小森はるか+瀬尾夏美」によるプロジェクトから生まれた。『二重のまち』とは、かつてのまちの営みを思いながらあたらしいまちで暮らす2031年の人々の姿を、画家で作家の瀬尾夏美が想像して描いた物語。陸前高田を拠点とするワークショップに集まった初対面の4人の若者たちが、自らの言葉と身体で、その土地の過去、現在、未来を架橋していくまでを、映像作家の小森はるかが克明かつ繊細に写しとる。

 

監督 小森はるか/瀬尾夏美 撮影・編集 小森はるか/福原悠介(2019年/日本/1h19)

 

 

【日時】3月21日(日) 11:35の回 (上映後)

 

【ご登壇】瀬尾夏美監督

 

【会場】フォーラム山形

 

【料金】通常料金
※各種招待券使用不可

 

 

瀬尾夏美Seo Natsumi

画家、作家。1988年東京生まれ。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業、同大学院修士課程油画専攻修了。著書に『あわいゆくころ——陸前高田、震災後を生きる』(晶文社/2019年)。文学ムック『ことばと』vol.2(書肆侃侃房/2020年)に小説『押入れは洞窟』を掲載。

 

 

『二重のまち/交代地のうたを編む』公式サイト

 

 

最近のお知らせ

お知らせ

2021.5.12

【5/12更新】公開延期作品のお知らせ

お知らせ

2021.5.11

マンスリースケジュール(5/11更新)

お知らせ

2021.5.10

【重要】チケット先売り販売休止のお知らせ ※4/23(金)上映分より

お知らせ

2021.5.9

劇場のオープン時間について

お知らせ

2021.5.9

バリアフリー日本語字幕付上映のお知らせ

過去のお知らせ